旅の途中

    

ヘルシンキの夜 #2 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH

ヘルシンキの夜 #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
おっ、女性陣が来るではないか! 素早く移動~!



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
でも、自分に撮れるのはせいぜいここまで。 度胸がない(^^;

ヘルシンキの宿 Hotel Kämp 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
12mmで無理やり1枚に収めたので極端にデフォルメされて写ってますが、ここはとにかく居心地のよい部屋でした。家内などはアラビアとマリメッコで買い物をしてしまったら、もうパジャマに着替えて一歩も外に出なかったほどです(^^;
続きを見る

ブラッセリー・カンプ 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / ヘルシンキ
日本を発つ前からカモメ食堂でランチするのをとても楽しみにしていたのに、行ってみたら休みだった! Σ(; ̄□ ̄) ガーン……  それでもうガックリ来てホテルに戻ってきた。ここはホテルの地上階にあるブラッセリー・カンプ。店員さんはみんな、身だしなみも接遇態度もパーフェクトで、しかも行き届き過ぎるほどに目配りが行き届いているので、とても店内の様子を撮ることは出来なかったが、実際は「こんな感じ」だった。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
これはトナカイの肉のハンバーガー。この店の名物らしいが、たしかに非常にブラボーー!な味だった。それにしてもハンバーガーをナイフとフォークで食べるのは初めてだ。そして、これほど格式の高い店なのに、カトラリーをテーブルに直置きしているのも変わってるな~と思った。テーブルの清潔さに自信があるということなんだろう。珍しい体験をさせてもらったが、ハンバーガーのランチにしては結構高くついてしまった(^^;