旅の途中

TALLINN #12 


RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8
翌朝、タリンは素晴らしい晴天に恵まれました。



RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8
今日はフェリーに乗ってヘルシンキに向かう予定です。楽しかったタリンとも間もなくお別れです。



LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
聖オレフ教会のあの鉄板を継ぎはぎしたような尖塔が、夜になるとあんなに美しい輝きを放つのですから驚きでした。タリンはヘルシンキからフェリーで1〜2時間と近いので、タリン観光といえばヘルシンキからの日帰りが大半のようですが、もしタリンを訪れる予定のある方は、是非一泊されることをお勧めしたいと思います。いいですよ〜、タリンの夜は.....

TALLINN #11 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
ここは幽霊通り。殺された女の霊が夜な夜な足音を立てて歩き回るそうだ。その女の霊を何とか撮りたいと思い、30分ほどこの場に立ち続けたが、結局それらしきモノは現れてくれなかった。いい歳したオヤジが何をくだらんことやってるんだと嗤われるかもしれないが、これもまた一つの旅のスパイスというか、自分流の旅の楽しみ方である。さあて、もう11時だ。家内も心配していることだろう。まだまだ撮り足り気がするけれど、そろそろ引き上げるとしよう。

TALLINN #10 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
どう見てもここは危険地帯だ。この先に足を踏み入れるべきかどうか、ちょっと考えたが、こんなところで怖気づいて引き返したのでは、せっかくの旅の思い出に怯懦の後味が残ると思い、敢えて進んでいくことにした。
続きを見る

TALLINN #09 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
ぼくは今、旧市街を取り囲む城壁の外に立っていて、周囲に人通りはほとんどありません。物音ひとつしない夜のしじまの中で、この11世紀に建造された城塞を眺めていると、まるで物言わぬ巨人達がじっと佇んでいるかのように見えてくるのでした。この写真ではよく見えないのですが、夜空には星々が煌めいていて、それはそれは美しかったです。不意に、悠久の時の流れの中に引き込まれ、身震いするほどの感動を覚えました。

TALLINN #08 


RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8
昼間、怖い思いをした聖オレフ教会の尖塔が、こんなにも美しくライトアップされているなんて思いも寄らず、感動しました。

TALLINN #07 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R

TALLINN #06 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
夜、ひとりでふらりと撮りに出た。 今は8時を少し回ったところだが、仕事帰りと思しき人達が夜道を楽しむように歩いている。この感じだと幽霊通りの辺りはまだ人通りがあるだろう。そこへ行くのはもっと後にして、とりあえず今は真っ直ぐ行ってみようと思う。

TALLINN #05 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
ピントが合わない!



FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
ピントが合わない!!  X-T1 の馬鹿野郎ー!!

TALLINN #04 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
しんどい思いをして聖オレフ教会に登った時はどよ~んと曇っていたのに、降りてきたらまた晴れてきました。なんだかな~。
続きを見る

TALLINN #03 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
三人姉妹ホテルのすぐ隣りに聖オレフ教会があります。この教会は13世紀に建設され、当時の高さは159メートルもあったそうです。1625年に落雷で尖塔部分が焼け落ちるまで、世界で最も高い建築物だったとのことです。その後も落雷や火災で3度も尖塔を失い、現在の高さは124メートルになっています。いずれにせよこの高さを、ソ連のKGBが悪用したわけです。
続きを見る

バルト海クルーズ #3 


RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8
只今時刻は午前4時31分。水平線がようやく色づいてきました。すでに1時間以上もこうして窓の外を眺め、星々が奏でる壮大なシンフォニーに心を奪われてきましたが、そうしている間にも僕らを乗せた巨大な客船は、遥か向こうに煌めく一点の光を目指して真っ直ぐに進んでいます。
続きを見る

バルト海クルーズ #2 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
ストックホルムからバルト海の本海に出るまで、およそ 100km に渡って無数の島々の間を縫うように進んでいきます。
続きを見る

バルト海クルーズ #1 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
フェリーターミナルが閉鎖されているのを見たときは、あまりのことに声も出ませんでしたが、なんとか無事に乗船できてひと安心。
船室は思っていたよりも広々としていて大満足です。
続きを見る