旅の途中

ヘルシンキの夜 #2 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH

ヘルシンキの夜 #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
おっ、女性陣が来るではないか! 素早く移動~!



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
でも、自分に撮れるのはせいぜいここまで。 度胸がない(^^;

ブラッセリー・カンプ 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / ヘルシンキ
日本を発つ前からカモメ食堂でランチするのをとても楽しみにしていたのに、行ってみたら休みだった! Σ(; ̄□ ̄) ガーン……  それでもうガックリ来てホテルに戻ってきた。ここはホテルの地上階にあるブラッセリー・カンプ。店員さんはみんな、身だしなみも接遇態度もパーフェクトで、しかも行き届き過ぎるほどに目配りが行き届いているので、とても店内の様子を撮ることは出来なかったが、実際は「こんな感じ」だった。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
これはトナカイの肉のハンバーガー。この店の名物らしいが、たしかに非常にブラボーー!な味だった。それにしてもハンバーガーをナイフとフォークで食べるのは初めてだ。そして、これほど格式の高い店なのに、カトラリーをテーブルに直置きしているのも変わってるな~と思った。テーブルの清潔さに自信があるということなんだろう。珍しい体験をさせてもらったが、ハンバーガーのランチにしては結構高くついてしまった(^^;

夫婦喧嘩 


RICOH GR / ヘルシンキ
トラムに乗ってカモメ食堂に向かっているとき、隣りの夫婦がいきなり言い合いを始めた。奥さんのほうが明らかに優勢で、攻めに攻めまくっている。その様子があまりにも面白いので一枚いただいたが、ぼくが写真を撮るのを見て、向こうの戸口に立っている女性がニヤリと笑った。それでぼくもニヤリと笑った。

石の教会にて 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
あらら~(′O`)

テンペリアウキオ教会 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
ヘルシンキの街中には地球太古からの岩盤がそのまま露出している場所がそこかしこにあって、この教会もそうした岩盤をくり抜いて造られたものだ。それ故に岩の教会とか石の教会と呼ばれている。



LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
この教会の存在を初めて知ったのは sacraさんの「このブログ記事」であった。その写真を見たときの衝撃はそれはそれはもう大変なもので、「世の中にはこんな教会が存在するのか……」と絶句したものだ。そして、いつの日か自分もこの目で見てみたい、写真に撮ってみたいと夢見たものだ。今こうして、またひとつ夢を叶えることが出来て本当に幸せである。