旅の途中

ヘルシンキの宿 Hotel Kämp 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
12mmで無理やり1枚に収めたので極端にデフォルメされて写ってますが、ここはとにかく居心地のよい部屋でした。家内などはアラビアとマリメッコで買い物をしてしまったら、もうパジャマに着替えて一歩も外に出なかったほどです(^^;
続きを見る

TALLINN #02 Three Sisters Hotel 


RICOH GR
午前10時にタリン港に着き、三人姉妹ホテルには 10時半に着きました。チェックイン開始は午後2時からなので、とりあえずフロントにスーツケースを預けて市内観光に繰り出そうと思っていたところ、「もうチェックインできますよ」と言われて吃驚仰天。すぐ部屋に案内されました。なんて気の利いたホテルなんでしょう!!
続きを見る

TALLINN #01 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
ここはスリー・シスターズ・ホテル。2007年5月に天皇皇后両陛下がエストニアを訪問された際にお泊りになったホテルです。この建物は1362年に豪商の邸宅として建てられたもので、今日に至るまで一度も火災に遭うことなく、ほぼ当時の姿のままで今に残る極めて貴重な歴史的建築物だとのことです。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
両陛下はピアノ・スイートという部屋にお泊りになったそうです。自分のような一介の庶民が同じホテルに泊めさせていただくのはあまりにも恐れ多いことですが、どうしても泊まってみたくて、ここを予約しました。勿論、部屋のランクは下げましたが。

山の宿 


SONY α6500 / Vario-Tessar E16-70mm F4 OSS
続きを見る

温泉旅館 銀婚湯 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ
この温泉宿は、めでたくも大正天皇が銀婚式をお迎えになったその日に大量の熱湯が湧出し、個人でこの温泉掘削に努めてきた川口福太郎・トネ夫婦もまた銀婚式の年回りであったことから、トネの発案で「銀婚湯」と名づけられたそうである。
続きを見る

露天湯巡り #5 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ
続きを見る

露天湯巡り #4 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ
続きを見る

露天湯巡り #3 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ
続きを見る

露天湯巡り #2 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ
続きを見る

露天湯巡り #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
続きを見る

幻の湯 


RICOH GR DIGITAL-1 / 2005年冬 / 菅野温泉
大雪山国立公園の最奥部にある菅野温泉はかつて「菅野で治らぬ病なし」とまで謳われた名湯中の名湯である。温泉宿の経営者はすらりとした長身で、岸辺一徳にそっくりな風貌の人だったが、体調を崩して 2008年に休業し、2011年には破産廃業となってしまった。以後しばらく買い手がつかず閉鎖されていたが、昨年から新しい経営者の下で建物の装いも新たに再開されたようである。札幌からはかなり遠いが、いずれ近いうちにまた入りに行ってみたいと思っている。往時の宿の様子は「こちら」

露天湯にて 


RICOH GR DIGITAL-3 / 2014年冬 / 旭岳温泉

ツェルマットの宿 


Canon 5D Mark lll / SIGMA 24-105mm F4 Art
部屋でワインをやりながら、この山は一体いつになったら姿を見せてくれるのだろうと、恨めしく思いつつ過ごす午後のひととき。
続きを見る

SALZBURG #05 


ザルツブルクの宿は、ちょっと奮発してホテル・ザッハー・ザルツブルクを予約してあったが.....
続きを見る

WIEN 2014 #22 


LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5
リング通りに面した HOTEL THE RING。ここが今回の旅の宿であった。
続きを見る

中の島ホテル 


LEICA M8.2 / ULTRON 29mm F2
那智勝浦湾に浮かぶ中の島ホテル。この部屋に連泊して昼間は熊野三山に参詣し、朝夕は色調豊かに移ろいゆく景色を堪能した。
続きを見る

修善寺の宿 


夫婦ふたりで泊まるにはちょっと広過ぎる部屋でしたが、1階で寝たり、2階で寝たりして、子供のように楽しみました。
続きを見る

MILANO #19 


Google Earth よりダウンロード
ミラノ滞在中は UNA Maison Milano に宿をとった。ミラノ大聖堂とガレリアのすぐそばにあって、立地条件はパーフェクトだ。最初に5連泊して、そのあとコモ湖に出掛け、戻ってきてまた同じホテルに泊まった。チェックインすると、ペラペラと良く喋るフロントクラークが実に晴れやかな表情で「お帰りなさい! 当ホテルを再びご利用いただきまして誠にありがとうございます。今回はちょうど最上階のお部屋が空いておりましたのでアップグレードさせていただきました。どうぞごゆっくりお寛ぎください」と。いやはや、コモ湖に続いてミラノでも (^◇^)
続きを見る

LAKE COMO #06 雨の夜に 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH




続きを見る

LAKE COMO #05 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
コモ湖の宿に選んだのは Grand Hotel Tremezzo。このホテルの客室からの眺めが素晴らしいとの情報を得て、奮発してジュニア・スイートを予約しておいた。ホテルに着くと、レセプションの女性スタッフが「生憎の天候で残念でございますわね。その代わりにひとつ良いお知らせがございます。ジュニア・スイートのご予約を頂いておりましたが、今回は最上階のスイートルームをご用意いたしました。追加料金は頂戴いたしません。どうぞコモ湖でのご滞在をお楽しみくださいませ」と。いやはや、それはありがたい.....
続きを見る

志摩観光ホテル 

続きを見る

#0041 


LEICA X2 / 十勝岳温泉にて

#0039 


LEICA X2 / 十勝岳温泉にて