旅の途中

旅の終わり 


旅の途中、ぼくはほとんど眠らない。眠るのがもったいなくて、ずっと窓の外を眺めている。これはロシアのどこかの街。



やがて地球の辺縁が明るんできた。



アムール川だ。ということは、あと2時間ほどで日本に着くな。旅の終わりが近づいている。



RICOH GR / 47mm Crop
昨年10月から断続的に続けてきたオーストリア旅行記ですが、そろそろこの辺りで区切りをつけたいと思います。ウィーン → ザルツブルク → インスブルックとオーストリアを東西に横断し、ミュンヘンに抜けるという旅でした。5か月間の長きにわたり拙旅行写真にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。撮ってきた写真はまだまだたくさんあるので、いずれ機会をみてアップしたいと思っています。

流氷とカラス 


NIKON D3s / SIGMA 50-500mm F4.5-6.3 / オホーツク

霧氷林 


NIKON D3s / Nikkor 70-200mm F4 VR / 滝上
道北はまだこんな調子ですが、関西ではもうちらほら梅が咲き始めているとか。誇らしいはずの北国の雪景色が、今年に限っては何だか切ない。




NIKON D3s / Nikkor 70-200mm F4 VR / 滝上
ところで、この1枚は拡大するとピントの甘さが目につく。せっかくの美しいシーンを手持ちで撮ったせいで台無しにしてしまった。動きものを撮ってるわけではないのだから、ちゃんと三脚を立てて手振れ補正を OFF にして撮るべきだった。大失敗。

ミュンヘンの印象 #3 


RICOH GR



RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8



LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5

ミュンヘンの印象 #2 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / フラウエン教会にて

ミュンヘンの印象 #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / 名も知らぬ教会で

さよなら、インスブルック 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 / イン川
インスブルックを発つ日。あまりの名残り惜しさに夜明け前からずっと写真を撮り歩いた。



LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5
4日間の滞在であったが、まだまだ歩いてみたいところがたくさん残っている。本当に名残り惜しいなぁ。



LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6
ありがとう、インスブルックの街よ。いつかまた。きっと.....

眩暈スナップ 


LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5
宵闇迫る頃、アルプス谷からインスブルックに戻ってきた。例によって軽い高山病にかかったらしい。ピントがまるで合わない。本来ならボツにすべき失敗写真だが、どうにもこのムードが捨てきれず、思い切ってアップしてみることにした。



LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5 / インスブルックの街角で

チロルアルプスを行く #8 


LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5



LEICA M-E / SUMMARIT-M 75mm F2.5



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / ロートモース氷河谷にて

チロルアルプスを行く #7 





RICOH GR / GW-3 / 21mm F2.8