旅の途中

寿都にて 


LEICA M-E / UWH 12mm F5.6
寿の都と書いて「すっつ」と呼ぶ。2005 年のちょうど今時分、やはり同じような素晴らしい五月晴れの日に初めてこの町を訪れて、港のそばにある古びた鮨屋にぶらりと入った。すると大将が「さっき上がったばかりのヒラメです」と出してくれたのが死ぬほど旨くて、家内と二人して大感激したことがある。その思い出の鮨屋にもう一度寄ってみようと、こうして 11 年ぶりに出掛けて来たのだが、いくら探してもその鮨屋が見つからない。観光案内所で聞いてみると、寿都には2軒の鮨屋しかないという。その2軒とも自分たちの記憶にある店とは似ても似つかない。もしかして潰れてしまったのだろうか.....



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
ひょっとしたら寿都じゃなくて、もうひとつ向こうの島牧村だったかな? 二人して顔を見合わせ、きっとそうに違いないという話になって、車を飛ばして島牧村まで行った。ところが、それらしい鮨屋は見つからない。地元の人に訊いてみると「島牧に鮨屋なんかありませんよ」と。ガ~ン。二人とももうすっかり腹ペコで、何が何でも鮨を食べたいモードに入っていたから、寿都に戻って、近いほうの鮨屋に入ろうということになった。



RICOH GR
近いほうの鮨屋である。こりゃあ駄目だと思って出ようとすると、大将が出てきて威勢よく「はい、いらっしゃい!」と。「やってますか?」と訊くと「はい、やってますよ」と。そして サッとおしぼりを出されたので、仕方なく席についた。そして「10 年ほど前のことですが、港に近いところに鮨屋がありませんでしたか?」と訊いてみると、「いんや、寿都には 30 年前からウチと○○寿司さんしかありませんよ」と。じゃあ、11年前に我々がヒラメを食べたのは何処だったのだろう??? 狐につままれたような気分で、しかし、特上とは名ばかりのどうしようもなく小さくて薄いネタが出てきたのに愕然とし、「毎月毎月、人が出てって、この町ももう駄目さ~」と大将が嘆くのに仕方なく相槌を打ち、「これ見てくださいよ」と差し出された町の広報誌の人口動態を見て、「なるほど、こりゃ大変ですなぁ」と同情してみせて。いやあ、まいったなぁ(^^;

岩内にて 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
岩内といえば木田金次郎だ。ニシン漁の最盛期、大漁に沸き返る岩内港を活写した躍動感あふれる作品群は、一度目にすれば恐らく生涯忘れることがないほど強烈なインパクトを放っている。それらを脳裏に浮かべながら、薫風いまだ冷たき岩内漁港にてこの1枚を撮る。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
駅前通りにある如何にも昭和といった佇まいの喫茶店に入ってみると、常連さんと思しき御仁らがカウンターに腰を落ち着けて、ママさんとの会話に花を咲かせていた。店内はその設えからテーブル、椅子に至るまですべて無垢材が使われており、とても上質な雰囲気に包まれている。コーヒーの淹れ方も実に丁寧で、コクの深い味わいである。まるで古き佳き時代にタイムスリップしたかのようで、しばしうっとりとして時が経つのも忘れた。駅前通りの「さぼ~る」という店です。岩内を訪れる機会があれば是非一度こちらへ。お勧めです。

春の風景 #2 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / 消毒薬の散布作業

春の風景 #1 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / 仁木町
田舎育ちの自分は、水田に水が張られ、こうして代掻き(しろかき)が始まると、いよいよ北海道にも春が来たなぁと実感します。水面に映る農家のデザインがとても素敵だったので、車を停めて1枚。



LEICA M-E / UWH 12mm F5.6 / 余市町
里山の枝道に入って偶然に出会った白い八重桜です。まるで夫婦のように仲良く咲いていましたな~。



Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / 余市町
かつては「春なんか来なくていい。一年中、冬でいい」と頑なになっていた時期もありましたが、やっぱり春というのはいいもんですねぇ.....

春の広角病 


LEICA M-E / UWH 12mm F5.6 / 札幌駅北口
続きを見る

石狩湾、快晴なり 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH



LEICA M-E / UWH 12mm F5.6

八重桜、舞い散る 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 / 2016-5-15 / 道庁にて
続きを見る

東のたわけ雲 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH / 3:25 AM
続きを見る

海 霧 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / Okhotsk

時間の無駄 


私はテレパシーでこう伝える。 「おじさんは何もしないからなぁ..... だからじっとしていろよぉ..... 逃げるでないぞぉ.....」



逃げるでないと言うに!

悪 夢 


学会で名寄に来ていた。
講演を終えて控え室でくつろいでいると、接待役の青年が入ってきて、「宴席の用意が整っておりますので、どうぞお出でください」と言う。行ってみると、昔の結婚式場みたいに細長いテーブルがずらりと並んで、偉そうな顔をした人達がおおぜい差し向かいに座っている。その中央の席に案内されて「どうぞ、こちらへ」と着席を促されたが、どう見てもこの人達は学会関係者ではなさそうだ。私は座らず立ったままで「ええと、皆さん方はどういった関係の方達ですか?」と尋ねると、正面に座っているひと際偉そうな男が「地元の警察の者です」と云った。私は急に不愉快な気持ちになり「そうですか、警察の方達ですか。それは大変結構なことです。しかし自分はちょっと急用を思い出したので失礼させていただきますよ」と云って、さっさと会場を後にした。
続きを見る

霧の道 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / 残雪にぬるい雨のそぼ降れば、地霧 shallow fog の湧き立つこともあり



Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / その霧の道を抜けて山峡の宿へと向かう



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / 2016-05-04 / 宿には苦楽が入り混じる

夜 霧 











Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L
港での撮影を終えて飲み屋街のほうへ上がっていくと、霧の向こうから男らが歩いてきた。道路のこっち側に一人、向こう側に一人。同じ歩調でやってくる。
何だか知らんが腹立たしいことだ。

不揃いな月たち 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / Multiple Exposure / 2016-04-23
腹づもりとしては、ファインダーの横幅を9等分し、上1/3 の高さで横一直線に8つの満月を並べたかったのだが、三脚の使える状況ではなく、窓から身を乗り出しての手持ち撮影で、すべて目見当でシャッターを重ねて行ったため、間隔も高さも不揃いになってしまった。何度かトライしたが結果はどれも似たようなもので、自分の二次元感覚はこの程度のものに過ぎないのかなぁと、かなり意気消沈した。ところが、どういうわけか家内はこの写真がひどく気に入った様子である。ひょっとすると満更捨てたもんでもないのかも知れんと思い直し、一応アップしてみることにした。

戸惑う桜たち 







 
 

 
 

 
 

 
 

Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH / 2016-04-29
 
連休初日の朝は4℃と冷え込み、強風と雨になぶられて、せっかく咲いてくれた桜の花たちが可哀想だった。最初のうちは明るい桜を撮ろうと思っていたのに、体が冷えてくるにつれて、だんだんと寒々とした表現になっていった。ぶれないように速いシャッターを選んだが、きちんと三脚を据えて氷雨の無情を表現すべきであったかと、今頃になって悔やんでいる。それにしても峠では吹雪いてアイスバーンになっているとか。家に帰って暖かいものを体に流し込んで、酔うともなく酔うて空耳を聞いたか、家も酒もない桜たちの木霊か、どうかもうこれ以上、この国を痛めつけないでください、お願いです、お願いですと。