旅の途中

のんきなさんぽ 


やっぱり薔薇っちゅうのは美しいですな~。 
続きを見る

Foggy Galleria 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH








LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / MILANO / 2013

ローマ追懐 #3 


RICOH GR DIGITAL3 / 2011年
かつてローマの玄関口といわれたポポロ広場ではオベリスクに向き合う形で二つの教会が並んでいる。通称「双子の教会」。非常に似ているが、よく見ると微妙に異なってもおり、それぞれ独立した別個の教会である。ガイドブックやネットの情報によれば、内部は残念ながら見学不可となっている。ところがである。近づいて行ってみると、向かって左の教会のドアが開いていたのである.....



RICOH GR DIGITAL3
中に入ってみると、なんだか様子がおかしい。礼服を着た人達が祭壇のほうに集まっている。しかしカジュアルな服装の人達も大勢いるので、これは一体どうしたことだろうといぶかりながら右側の通路をそっと進んでいった。そうしたら祭壇には棺が置かれ、参列者らが別れを告げているところだった。ぼくはびっくりして引き返したが、そのとき、得も言われぬ柔らかい光が差し込んで中央の画(恐らくポポロのマドンナ)を浮かび上がらせた。とっさにこの1枚を撮ったが、非公開の教会にのこのこ入って行って、厳粛な葬儀の場を汚してしまったという申し訳なさと悔恨、そしてもう二度と出会えぬかも知れぬあの光を M8.2 で撮りたかったと..... そうした思いがこの写真を見るたびに甦ってくるのである。

ローマ追懐 #2 


LEICA M8.2 / SWH 15mm F4.5Ⅱ / 2011年
ローマ四大聖堂の一つに数えられるサンタ・マリア・マッジョーレ教会には、馬小屋で生まれたばかりのキリストが寝かされた馬槽の木片(まぶねのかけら)が安置されている。この教会でフレーミングに難渋することはなかったが、暗所での撮影が多かったため M8.2 の高感度ノイズの多さには泣かされた。たとえばこの写真の中心部は ISO640 で こんな具合 である。今どきの CMOS なら ISO 6400 でもここまでひどくはあるまい。ただ当時の CCD の水準としては仕方のないものだったと納得している。とは言え、いつかローマを再訪することがあれば α7s のような暗所に強いカメラがあるといいなぁ、などと夢想している。

ローマ追懐 #1 


LEICA M8.2 / SWH 15mm F4.5Ⅱ / バチカン / 2011年
APS-H センサーの M8.2 に 15mm を装着するとちょうど 20mm の画角になる。写真はサン・ピエトロ大聖堂の正面奥に位置する司教座で、大聖堂全体のごく一部に過ぎないが、それでも尚 20mm を持ってしても思うようにフレーミングできず四苦八苦した。ましてこれよりも遥かに高く、天を抜くかのような超巨大クーポラをまともにフレーミングすることなど全くもって不可能で、自分の力量不足と機材の非力さに地団太を踏んだものだ。その後、多少の経験を積み、フルサイズの 12mm を手にした今ならどんな写真が撮れるだろうかと、思いは再びローマへと飛んでいる。

何となく小樽 #3 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
続きを見る

何となく小樽 #2 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm 1st
続きを見る

何となく小樽 #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm 1st
6月11日、土曜日。この日は何となく小樽な気分だったので、ちょいとぶらついてきました。以下、球面ズミルックスで。
続きを見る

雑 感 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L / 円山公園
雌が一羽に雄が二羽。どこの世界もややっこやしいことですなぁ。この写真はGWの小雨の降る日に撮ったものですが、先日この池に来てみたら雄が一羽しかいませんでした。夫婦になった二羽はどこか別のところへ飛んで行って子作りに励んでいるのでしょう。独り残された雄がちょっと哀れに感じられたけれど、しきりに潜っては食事に余念のない活発な様子を見て何となく安心しました。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
ところで本州ではもう梅雨入りしたとか。小説家の上林暁によれば、一年のうちで一番酒が旨いのはシトシトと梅雨の降る晩だそうです。北海道で蝦夷梅雨なんていうのは真っ平御免ですが、本州のどこか古い温泉宿で離れを取りましてね、縁側に胡坐をかいてちびりちびりとやれたら、それはそれは風情のあることだろうなぁと、さっきからずっと舌なめずりしているところであります。う~ん。

朝日の誘惑 


LEICA M8.2 / SWH 15mm F4.5Ⅱ / 2011-9-24 / ROMA
サン・ピエトロ広場に朝日が差し込んできた。10万人を収容できるこの巨大な広場もまだ人影はまばらである。



LEICA M8.2 / SWH 15mm F4.5 Ⅱ
バチカンの職員らが出勤してきた。遠慮会釈もなく正面から撮ってしまったが、今にして思えばいささか礼節を欠いた行為だったかもしれない。



LEICA M8.2 / Ultron 28mm F2
宮殿の入り口に眩ゆいばかりの朝日が差し込んだ時、いつも二人一組でここを守っているスイス衛兵の姿はなく、鉄扉が開け放たれたままになっていた。なんという僥倖! すぐにでも階段を駆け上がり、扉越しに宮殿内部を撮りたい! ....... という誘惑を抑えるのは誠に大変だった。いくら写真馬鹿の自分でもそこまで馬鹿に徹し切れなかったという、そういう思い出の1枚であります。

ベルガモの至宝 後記 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 / コッレオーニ礼拝堂 / ベルガモ
この写真は以前「ベルガモの至宝」の一部として掲載したものだが、当時はエントリー全体の色調統一を図る必要性からホワイトバランスをかなり調整し、他の写真に合わせる形でアップした。しかし、この1枚に関して言えば、M9-P が捉えた色はまったく違うものであり、そのことがずっと気になっていた。というのも、しばしば夢に出てくるこの映像はいつも決まってオリジナルの色、つまり今日ここに示す蒼ざめた色で始まり、蒼はやがて灰に変じ、最後にはとうとう突き抜けて行ってしまうからである。








礼拝堂の中央に立ち、首も折れんばかりに仰向いてカメラを構えたとき、ぼくはそこに宇宙を見て.....。それは間違いなく宇宙であり、同時にまた人間二千年の歴史を瞬時に見るようでもあった。呆然としてシャッターも切りえず、ああ、なんということだ。体が?魂が?すぅ~っと吸い上げられていき..... 吸い込まれて自分が消えてしまいそうだった。ぼくは慌ててファインダーから目を離して下を向いた。自分にこれは撮れない。絶対に撮れない。そう悟った。その場で少し考えて、セルフタイマーにセットした M9-P を仰向けにして床に置いた。それからすぐに身を遠ざけ、祈るような気持ちで秒刻が過ぎると、コトンッ.... と小さく囁鳴してシャッターが切れた。この写真は自分が撮ったのではなくて M9-P が撮ってくれたものである。きっと死ぬまで忘れない1枚。

日曜、晴れました 


元気いっぱい! / LEICA M-E / SWH 15mm F4.5Ⅲ / 円山公園



お疲れさ~ん / LEICA M-E / SWH 15mm F4.5Ⅲ / 大通公園

箴 言 #2 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L
昨年末、旭川の古本屋で購入した阿刀田高の「夜の旅人」の中に次のような条があった。
「狭い道でゆずれ、広い道で急げ」
この意味について作中の人物は次のように語っている。
「道が狭いときは人に譲ってやればいいんだ。そのかわり道が広くなったらどんどん走ればいい。そのほうが人と争わなくてすむし、結局は早く着く」



Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L
この「ゆずる」ということが、どんどん難しい世の中になってきているように思う。昔はゆずれば何某かの感謝があったが、今はゆずってもらって当たり前、それどころか譲ることを他者に強要して憚らぬ馬鹿者どもがそこらじゅうに溢れている時代だ。ゆずった者が馬鹿を見る、そんな社会であっていいのかと嘆息する毎日である。

札幌ビール園にて 


LEICA M-E / SWH 15mm F4.5 Ⅲ / ISO1000 / AWB



FUJIFILM X-Pro2 / XF 10-24mm F4 / ISO800 / AWB / オリジナル JPEG



FUJIFILM X-Pro2
RAW ファイルを 1/2段プラス補正、コントラストをかなり弱めにし、色偏差をマゼンタ方向にシフトしてイメージを整えてみたが、これでもまだコントラストが強すぎる気がしないでもない。中間トーンも少し持ち上げた方がよかったかも知れない。それにしても、FUJIFILM の X シリーズを使われている方々の写真はどれも美しく、階調も豊かで、JPEG 撮って出しでも十分に完成された写真に見えるのに、今回自分が経験したこの大きなギャップは何なのだろうか。念のため再度 Exif を確認してみたが、撮影はすべて「PROVIA / スタンダード」で行われていたのだが..... フジさんとは相性が合わないのかなぁ..... 



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / 何の悩みもない能天気な撮影助手

FUJIFILM X-Pro2 


左から順に M-E+SWH 15mm F4.5 Ⅲ、M9-P+UWH 12mm F5.6 Ⅱ、X-Pro2+XF10-24mm F4。撮り比べの主な目的は 15mm 領域の描写の比較と X-Pro2 の取り回し具合について確認すること。サブの目的として 12mm と 15mm の画角の差を体感的に確認すること。普段は外付けファインダーをほとんど使わないが、今回は出来るだけ正確に構図を一致させる目的で取り付けている。それにしてもこうして並べてみると X-Pro2 の佇まいはM型ライカの兄弟と言ってもいいほど良く似ており、実に恰好いいな~。



ところで、度々言及しているが、ぼくは外付けファインダーという奴が本当に嫌いで、こいつがちょっと付くだけでカメラバックへの収まりが極端に悪くなる。収まりの悪いものにはどうにも我慢がならない性分で、何事も四角四面にキチッ!としていないと気が済まない。だから凹凸のない液晶ビューファインダー内臓カメラに超広角領域を任せることが出来たらどんなにいいだろうとずっと思っている。昨年は X-E2 が今ひとつシックリ来なかったので見送りにしたが、今年はこの X-Pro2 に大いに期待しているのである。

以下、撮り比べした画像を何組か羅列してみたい。どの写真がどの機材で撮影したものかは敢えて記載しないこととする。とは云っても見ればすぐに分かることだとは思うが、一応 FUJIFILMさんへの配慮である。カメラの設定はすべて絞り優先AE、オートホワイトバランス、露出は適宜補正、RAW で撮影し、Leica は SILKYPIX Pro7 で、X-Pro2 はメーカー純正の RAW File Converter EX 2.0 でそれぞれストレート現像した。画像をクリックすると拡大表示します。
続きを見る