旅の途中

オホーツクライン 


SONY α6500 / E16-70mm F4 OSS / 冬の夜明け前であるならば、必ず北へ向かうのが自らの心延であったはずだが.....



SONY α6500 / E16-70mm F4 OSS / フラッシュ撮影

Vario-Tessar T* E16-70mm F4 OSS 


SONY α6500 / E16-70mm F4 OSS
小型軽量で取り回しがよく、汎用性の高い焦点距離を持ち、なおかつ極めて高品質な動画撮影も出来る旅行用撮影機材として α6500+E16-70mm を導入してみた。ちょうど sacraさんが X-T2 を購入されたのと同じタイミングになったが、別に示し合わせたわけではない(笑)。で、ここ3週間ほどびっしりテスト撮影を行ってきたが、未だにこのレンズのことがよく分からない。時にハッとするほど透明で切れ味の鋭い画を吐き出すかと思えば、首を吊って死にたくなるほどしょーもない片ボケの画も出してくる。しかも不思議なことに焦点距離やピントの位置によって片ボケの程度が変化したり、場合によっては無くなったりする。おまけにいくら絞っても周辺が見苦しく流れているかと思えば、え~、本当~?とビックリするくらい普通に解像していることもある。こんなわけの分からんレンズは初めてだ。



SONY α6500 / E16-70mm F4 OSS
デジカメ info に掲載されている「こんなレビュー」を見たときは絶対に買うまいと思っていたが、いかんせん、Eマウントの APS-C 標準ズームは他にほとんど選択肢がない。で、ヨドバシの「ユーザー評価」を見るとすこぶる評判がいいので、敢えて後者に賭けてみたのだが、結果はまったくもって前者のレビュー通りであった。まあ、ツアイスとは銘打っていても、このレンズの設計製造は SONY だからこんなもんなのかなぁ。APS-C のミラーレス一眼で、もう α6500 以上のカメラは作れないんじゃないかと言われるほど物凄いボディを出しておきながら、それに見合ったレンズがないというのが何ともね.....

STOCKHOLM #35 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 / ガムラスタン午前1時
続きを見る

STOCKHOLM #34 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
続きを見る

STOCKHOLM #33 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
左に近代的なデザインのビル、右にオーソドックスなホテル、真ん中に巨大な尖塔、その下に重機という非常にゴチャゴチャした写真ですが、自分としては何となく気に入っている1枚です。
続きを見る

STOCKHOLM #32 


RICOH GR / この橋を渡って近代美術館へ
続きを見る

STOCKHOLM #31 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / 9:30 AM / 爽やかな朝を迎えたガムラスタン
続きを見る

30年前の空耳 


一期一会 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH / 04:35 AM
その人の写真はどれも文句のつけようがないほど完璧で美しい。構図には微塵の隙もなく、うっとりするほど滑らかなトーンといい、奥行きのある表現力といい、本当に素晴らしいの一言に尽きる。作風も実に多彩で、小さな静物写真から雄大な風景写真まで、いったいどれほど懐が深いのかと驚嘆するほどである。しかしながら、誠に残念なことに、その人の写真はどれも構図から表現手法からフォーマットに至るまで、それぞれの領域で確固たる地位を確立した有名写真家のそれらとそっくりなのである。一流プロに伍するほどの技量とセンスを持ちながら、何故にオリジナリティを追求しようとしないのか、それが不思議でならず、返す返すも残念でならない。昨年、その方の写真展を拝見した後で、角が立つのを覚悟の上でそのような趣旨のコメントをさせて頂いたが、やはりそれは余計なお世話であったかも知れない。昨日、久しぶりにブログを拝見したら、相変わらず誰かの真似をしておいでのご様子。思いの通じぬ、切ない一期一会であった。

ある懸念 


Canon 5D Mark lll / EF70-200mm F4L IS / 写真の町 東川町にて
私は合成写真というものが大嫌いである。勿論、写真表現の一つとしてそのような手法があっても構わないが、少なくとも撮影時に多重露光を行なうとか、星景写真のように比較明合成を前提とした撮影を行なうとか、そうした明確な目的意識を持って撮影されたものであるかどうかが理非曲直の分かれ目であると考えている。というのも、まったく別個に撮った写真を後からパソコン上で都合のいいように合成するなどという行為は、その画像の見栄えがいかに素敵であっても、私に言わせれば合板の家具みたいなもので、無垢材のそれとはまったく価値が異なるように思われるからである。何故唐突にこんなことを言い出したかと言えば、数日前に撮ってきたこの写真が自分としてはなかなか気に入っているのだが、見ようによっては合成写真のように見えなくもない、ということを懸念したからである。

FREEZING ZONE #3 


Canon 5D Mark lll / EF70-200mm F4L IS

FREEZING ZONE #2 


Canon 5D Mark lll / EF70-200mm F4L IS

FREEZING ZONE #1 


Canon 5D Mark lll / EF70-200mm F4L IS

氷結地帯にて 


Canon 5D Mark lll / EF70-200mm F4L IS / オホーツク

手稲山ロープウェイ 


Canon 5D Mark lll / SIGMA 24-105mm F4 Art
手稲山ロープウェイは、1972年の札幌オリンピック開催に向けて開設されました。このレトロな色使いがたまりませんね。ご存知の方も多いと思いますが、手稲山はアルペンスキーのメイン会場になったところです。高度1000mを越える山頂駅からの眺めは格別です。
続きを見る