旅の途中

    

ヘルシンキの夜 #2 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH

ヘルシンキの夜 #1 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
おっ、女性陣が来るではないか! 素早く移動~!



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
でも、自分に撮れるのはせいぜいここまで。 度胸がない(^^;

ヘルシンキの宿 Hotel Kämp 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
12mmで無理やり1枚に収めたので極端にデフォルメされて写ってますが、ここはとにかく居心地のよい部屋でした。家内などはアラビアとマリメッコで買い物をしてしまったら、もうパジャマに着替えて一歩も外に出なかったほどです(^^;
続きを見る

ブラッセリー・カンプ 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH / ヘルシンキ
日本を発つ前からカモメ食堂でランチするのをとても楽しみにしていたのに、行ってみたら休みだった! Σ(; ̄□ ̄) ガーン……  それでもうガックリ来てホテルに戻ってきた。ここはホテルの地上階にあるブラッセリー・カンプ。店員さんはみんな、身だしなみも接遇態度もパーフェクトで、しかも行き届き過ぎるほどに目配りが行き届いているので、とても店内の様子を撮ることは出来なかったが、実際は「こんな感じ」だった。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
これはトナカイの肉のハンバーガー。この店の名物らしいが、たしかに非常にブラボーー!な味だった。それにしてもハンバーガーをナイフとフォークで食べるのは初めてだ。そして、これほど格式の高い店なのに、カトラリーをテーブルに直置きしているのも変わってるな~と思った。テーブルの清潔さに自信があるということなんだろう。珍しい体験をさせてもらったが、ハンバーガーのランチにしては結構高くついてしまった(^^;

夫婦喧嘩 


RICOH GR / ヘルシンキ
トラムに乗ってカモメ食堂に向かっているとき、隣りの夫婦がいきなり言い合いを始めた。奥さんのほうが明らかに優勢で、攻めに攻めまくっている。その様子があまりにも面白いので一枚いただいたが、ぼくが写真を撮るのを見て、向こうの戸口に立っている女性がニヤリと笑った。それでぼくもニヤリと笑った。

石の教会にて 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
あらら~(′O`)

テンペリアウキオ教会 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
ヘルシンキの街中には地球太古からの岩盤がそのまま露出している場所がそこかしこにあって、この教会もそうした岩盤をくり抜いて造られたものだ。それ故に岩の教会とか石の教会と呼ばれている。



LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
この教会の存在を初めて知ったのは sacraさんの「このブログ記事」であった。その写真を見たときの衝撃はそれはそれはもう大変なもので、「世の中にはこんな教会が存在するのか……」と絶句したものだ。そして、いつの日か自分もこの目で見てみたい、写真に撮ってみたいと夢見たものだ。今こうして、またひとつ夢を叶えることが出来て本当に幸せである。

乱歩尽くし 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm 球面
この椅子は何だか妙に生々しい肉感があって、まるで江戸川乱歩の『人間椅子』のようだ。そうすると、後ろの壁にぼぉ~っと映っているのは『怪人二十面相』か、はたまた『青銅の魔人』か。ファインダーを覗きながらあたかも『白昼夢』を見ているような気がした。ところで、『白昼夢』と聞いて愛染恭子を思い出した人は完全に昭和のエロおやじである。斯くいう小生もその一人に違いないが、ちょっと細かいことを言うと、愛染恭子のあの伝説の映画は『白昼夢』ではなくて『白日夢』である。一時期、自分も混同していたので敢えて注釈申し上げる次第である。でもまあ、今更そんなことはどうでもいいか。御粗末。

連休あれこれ 


SONY α7R ll / FE 24-70mm F2.8 GM
資料館の桜は毎年撮り続けているが、今年ほど撮れなかったことはない。新しいカメラとレンズを携えて意気揚々と出掛けて来たけれど、さっぱりだった。機材の性能に恃むあまり、創意と工夫という最も大切なことをなおざりにしてしまったのかも知れない。反省.....。
続きを見る

春爛漫 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm 球面
今年の GW は素晴らしい晴天に恵まれて桜達も嬉しそうだった。なんせ「去年の桜」が本当に可哀想だったから……。ところで晴天といえば、今日のパレルモも晴天の予報で、最高気温は 20℃だとか。Sacraさんのイタリア旅行もいよいよ大詰めだが、爽やかな天気に恵まれて今日はきっと最高のスナップショットを連発してくれることだろう。お土産が楽しみだ。

夕暮れ散歩 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm 球面
Sacra さんはローマの休日を楽しんでるかなぁ? 旅の道連れがこのワン君のようにのんびりマイペースならいいんだけど、元気一杯の娘さんに振り回されて、今頃 ひぃ~ひぃ~ 言ってたりして(笑)
追記: 渡欧中の sacra さんからメールが来た。「我慢我慢と自分に言い聞かせてます」とのこと。遥々ローマまで行って、大変お疲れ様で~す(^^;

夕 空 


Canon 5D Mark lll / EF135mm F2L
高速道路を運転中ではあったが、夕陽があまりにも美しかったので……



SONY α6500 / SUMMILUX-M 35mm 球面
ナニモノにも煩わされることなく、こんな夕空の下をずっと走っていられたらなぁ……

連休初日の夕暮れ時に 


SONY α7R ll / FE 24-70mm F2.8 GM
夕陽を受けて艶やかに色づくコーヒーノキ。いつもぼくのソファーの隣りに居て、じっと静かにしている可愛い奴です。



SONY α7R ll / FE 24-70mm F2.8 GM
夕暮れ時のこの色温度が好きです。とても静かで、落ち着く色。考え事をするのにちょうど良し。