旅の途中

燃えるような朝焼け 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
先日の出勤前の風景。札幌でこんな朝焼けが見られることは滅多にないので非常に驚くと同時に、数年前、ミラノで邂逅した朝焼けを思い出した。



RICOH GXR MOUNT A12 / UWH 12mm F5.6
ミラノでは5日間ずっと雨に降られ続け、6日目のこの日も雨の予報だったから、すっかり観念してホテルの天窓から聖母マドンニーナを眺めていた。そうしたら突然、濃紺の空の向こうに燃えるような朝焼けが出現し、あっという間に赤く染め上がってきた。これはもう着替えをしている時間などないと思い、パジャマのままホテルを飛び出し、大聖堂に走った。無我夢中でシャッターを切り続け、満足してホテルに戻ると、レセプションの女性が笑いながらこっちを見ている。ぼくは頭を掻きかき、カメラのモニターでこの写真を見せたら「Wow! Amazing!」と叫んで目を見開いていた。忘れられない旅のひとコマである。