旅の途中

オホーツク沿岸スナップ 


SONY α6500 / Vario-Tessar E16-70mm F4 OSS



オホーツクタワー



前々回アップした場所でじっと待っていると、雪がやんでくれました。



カメラ内自動補正がかかっているにせよ、直線が直線として真っ直ぐ写っているのはやはり気持ちの良いものです。



沖合にガリンコ号。朝一番に乗船したお客さんは、オホーツクの壮大な夜明けを体験できて満足したことでしょう。



最初は物凄く酷評しましたが、使っているうちにだんだんとこのレンズもそんなに悪くないなぁと思えてきました。



ダイナミックレンジ・オプティマイザーをオートにして撮ってみたところ、ちょっと赤が強く出過ぎたかも知れません。



SONY α6500 / Vario-Tessar E16-70mm F4 OSS
これらの写真は M9-P で撮ったような印象度の強さはありませんが、非常にナチュラルで、その場の空気感を素直に表現できているように感じます。何年か前に NEX-7 を使っていたときは、出てくる画にかなり物足りなさを感じたものですが、あれからわずか数年で SONY の画作りも随分と進化したんだなぁと驚かされています。