旅の途中

TALLINN #09 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
ぼくは今、旧市街を取り囲む城壁の外に立っていて、周囲に人通りはほとんどありません。物音ひとつしない夜のしじまの中で、この11世紀に建造された城塞を眺めていると、まるで物言わぬ巨人達がじっと佇んでいるかのように見えてくるのでした。この写真ではよく見えないのですが、夜空には星々が煌めいていて、それはそれは美しかったです。不意に、悠久の時の流れの中に引き込まれ、身震いするほどの感動を覚えました。