旅の途中

テンペリアウキオ教会 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
ヘルシンキの街中には地球太古からの岩盤がそのまま露出している場所がそこかしこにあって、この教会もそうした岩盤をくり抜いて造られたものだ。それ故に岩の教会とか石の教会と呼ばれている。



LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6 ll
この教会の存在を初めて知ったのは sacraさんの「このブログ記事」であった。その写真を見たときの衝撃はそれはそれはもう大変なもので、「世の中にはこんな教会が存在するのか……」と絶句したものだ。そして、いつの日か自分もこの目で見てみたい、写真に撮ってみたいと夢見たものだ。今こうして、またひとつ夢を叶えることが出来て本当に幸せである。