旅の途中

退職願 


先月、職場に退職願を出した。受け取った責任者は真っ青になってフリーズし、その後、各方面からあの手この手の引き留め工作があったが、私の決意は微塵も揺るがない。思い知るがよい。「今さら泣き叫んでも遅いのだよ」 ウィーンの美術史美術館であの絵を観たときから心は決まっていたのだ。こうして自分はまた新たな人生の旅に向かう。家内にはいつもいつも心配を掛けて申し訳ないが、旅人の妻になったのだから仕方ないと諦めてください。たまには独りで GR を片手に海辺を行く。この1枚、2/3秒を手持ちで撮ったのだから、我れながら大したもんだ。