旅の途中

車窓から 


RICOH GR
ハルシュタットを訪問したところでちょうど旅の前半が終了。ぼくらは今、チロル地方に向かう列車に揺られながら車窓を流れる景色を楽しんでいる。知らない土地の初めて見る風景はとてもエキサイティングだ。



RICOH GR
これはハルシュタットの雑貨店で買ってきたクッキー。美味しくて栄養満点だ。ボリボリかじりながら味覚を堪能しつつ、目では車窓の風景を愉しみ、手の中にはお気に入りの GR があり、頭の中では時折ハルシュタットの残像が明滅していた。あの湖畔の宿にひと晩だけでも泊まっておくべきだったかな...。そんな軽い後悔の思いがチクリと胸を刺したが、それもほんの束の間のこと。時速 230km で疾駆する急行列車は、あっという間にぼくらを次の目的地へと運んでいった。