旅の途中

写真と機材 


CONTAX RXⅡ / Planar 50mm F1.4 / PROVIA100
先日フィルムの整理をしていて、ふとこの写真に目が留まった。10年ほど前に撮ったものだが、デジタル写真の対極にあるような1枚だなぁとしみじみ思った。それを機にここ数年の自分と写真の関わり方を振り返ってみたところ、どんな写真を撮りたいか、ということよりも「どんな機材で撮りたいか」に自分の関心が大きくシフトしていたことに気づいて、なんとも情けない気持ちになった。自分は何故写真を始めたのか。もういち度、初心に立ち返ろうと思う。