旅の途中

息 子 


FUJIFILM KLASSE W / Kodak GOLD100 / 2011年3月
卒業旅行と称して東南アジア諸国を放浪していた息子はこんな頭になって帰ってきた。鼻ピアスも2本入っている。入国審査では別室に呼ばれ、履いていた短靴のゴム底まで剥がされて徹底的に調べられたそうだ。息子はそのことを非常に根にもっているようたが、こんな風体ではねぇ(笑) まあ、自業自得というもんだわなぁ。しかし、こんな奴でも今ではいっぱしの整形外科医になって頑張っている。育ちの良いエリート集団の中でどこまで雑草の如きド根性を見せられるか、外野席から楽しみに眺めている昨今である。