旅の途中

時間と傾斜 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH / F16 / ISO80 / Bulb 45s / AWB / ND16
皆さんには嗤われるかも知れませんが、親父が墓を建ててくれたことが本当に嬉しくて、しかもそこはとてもとても居心地の良さそうな感じの墓なので、今のうちにちょっと中を覗いておきたいなぁ、なんて思っているほどです。いずれは自分もその一点に向かって収束していくであろう、時の流れと墓穴への傾斜を表現してみました。決して撮影技術を衒うつもりはありませんが、この写真は多重露光でもコラージュでもなく、ただ一度のシャッターで撮ったものです。