旅の途中

トラベラー三脚 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH

先頃、キヤノンが 5060万画素の EOS 5Ds を発売した。画素数競争でニコンとソニーにずっとやられっ放しだったキヤノンがこれで大きく溜飲を下げた形になったが、でも、そう遠くない将来にソニーが 7000万画素機を出してくるだろう。メーカー間で繰り広げられるこの際限のない高画素競争に辟易しているのは決して自分だけではないはずだ。一方、昨今は高感度競争も花盛りである。なんでもニコンの次期 D5 は常用感度が ISO 102,400、拡張感度は 409,600 になると噂されている。途方もないスペックである。その性能ならば闇夜にレンズを向けても手持ちで昼間のように撮れることだろう。ユーザーの声も今や画素数より高感度性能の向上を要望する声が圧倒的に多いようだ。「もう高感度競争はうんざりだ」という風潮が生まれるまで、あと数年はこの路線が続くのではないかと予想される。

でもね..... とぼくは思うのである。高感度性能を良くするとはつまりノイズを軽減することであり、それは取りも直さず画質の平坦化、極言すれば塗り絵化を招くことに他ならない。「撮れないより撮れたほうがいいでしょう?」たしかに、それはそのとおり。手持ちで撮れる機動性や利便性は計り知れない。その点は理解しつつも、画質にこだわりを持つ自分としては、必要とあらば三脚を立ててしっかり撮りたい。そういう道を選ぶことにした。GITZO のトラベラー三脚1型 GK1580TQR5。縮長35cm、重量 1160g の小型軽量モデルである。旅の写真を生涯のテーマにしている自分としては、この三脚を常に携行することに決めたのである。高感度容認派の方々にはお嗤いあれ。