旅の途中

帰り道 


RICOH GR
大学に勤務していた頃は自宅までたった 500m の距離を歩いて帰る気力も体力も残っておらず、毎晩12時前後に家に電話しては家内に車で迎えに来てもらったものだ。当時はタクシーに乗る経済的余裕もなかったしね。それが今では片道 5km の通勤路を小1時間ほどかけてのんびり歩くのが楽しみになっているのだから、人生とは分からないものだと思う。