旅の途中

狂気のレンズ II 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH 11663 / AE / ISO160 / 32秒 / SILKYPIX Pro 7 で現像

「逢魔が時」とは上手い当て字をしたもので、もともとは「大いなる禍が来たるとき」即ち大禍時(おおまがとき)というのが語源らしい。
つい先だって、久しぶりに感ずるところあり、そっちのほうに 35mm を向けて露光してみた。そうしたら、ほら、やっぱり来ていた.....
オリジナルの RAW ファイルに興味のある方は「こちら」からダウンロードしてください。期間限定です。