旅の途中

函館ず~らずら 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
【左上】酒屋を探してぶらぶら歩いていたら何やら非常に風情のある格子窓を発見。看板には「茶房」とあるが、きっとカフェに違いあるまい。この店なら何か面白いものが撮れるかも知れん。とりあえず入って酒の代わりにコーヒーでも飲むとするか。【右上】ほら、やっぱりね。妙なものがたくさん置いてある。ふふふ。【左下】しかし、ここはカフェじゃなくて本当に茶房だったのね~。本当に抹茶が出てきて驚いたよ。【右下】去年あたりから急に小皺が増え始めてアップに堪えなくなったため、苦しまぎれに斯様なディスプレイの仕方を考案してみたわけだ。これも助手に対する思い遣りである。「それだったら夜中に突然叩き起こすのはやめてくれませんか~?」という抗議は受付けない。



RICOH GR / GW-3 / LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
【左上】ベイエーリアにある金森赤レンガ倉庫。この中に地ビールを呑ませてくれるビヤホールがある。小生、ビールだけは未だに駄目なんだが、助手は大のビール好きときているからね。【右上】11時の開店と同時に雪崩れ込んだ。これでようやくアルコールにありつける。【左下】小生は函館ワインを注文んでみたが、これがなかなか旨くて、何杯かお代わりした。それだったら最初から1本入れたほうが安かったなぁと、勘定のときになって後悔した。【右下】黒ビールを旨そうに呑む助手兼家内。