旅の途中

化粧直し 


LEICA M-E / SUMMILUX-M 35mm 球面 / 豊平館
かれこれ4年の長きに及んだ改修工事もようやく終わり、鬱陶しい遮蔽板が取り払われると、何とまあ、お化粧直しをした花嫁さんを見るようにハッとするほど美しい。今年はさぞや桜が映えることだろう。楽しみだなぁ。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 50mm ASPH
ところで、あの窓辺に佇む人がいるとすれば誰がいいだろうか。ぼくは 1980年の大谷直子がいいと思った。和服を着て、憂い顔で、ぼんやり遠くを見ているような感じで、そういう彼女の姿をイメージしながらこの1枚を撮った。ぼくの隣では撮影助手が「早くサンドイッチ買いに行こうよ」と言っている。デリカシーのない奴め。