旅の途中

スイスあれこれ #4 


Canon 5D Mark lll / SIGMA 24-105mm F4 Art
スイスのほぼ中央、水景煌々たる四森州湖畔に佇む中世の古都ルツェルンは、「スイスの中のスイス」とも賞嘆されるほど美しい街である。昨年のスイス旅行では当然ながらこの街も訪れて、たくさんの写真を撮ってきた。けれども、これまでこのブログでルツェルンのことを取り上げたことは一度もなかった。意図的に避けてきたとも言える。そうするについては、実のところ深長な理由があったのである。
 
 

これはルツェルン駅構内を歩き回った小生の GPS トラックである。列車を待つ間、トイレを探して必死に歩き回った急迫の記録である。もとより観光立国のスイスであるからトイレの案内表示に抜かりのあるはずがない。公設トイレはすぐに見つかった。しかし、である。一体全体どこの世界にトイレ使用料として 2.4 スイスフラン(当時のレートで300円)も取る駅があるだろうか。ベルン中央駅では1スイスフランだったのに。ルツェルンのこのボッタクリ価格が許しがたくて、何がなんでもどこかでタダで用を足してやろうと、斯くのごとき仕儀と相成ったのである。最終的に切迫する生理現象に抗うことは出来ず、しぶしぶ 2.4 スイスフランを払って安堵を得ることが出来たわけだが、この自分がボッタクリに屈してしまったという不快感がいつまでたっても忘れ得ぬ記憶として残っている。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いで、ルツェルンのことをこれまで忌避してきた深長な理由とは、そういうことである。つまり、ただそれだけのことである。