旅の途中

STOCKHOLM #07 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
旧市街を撮り歩いているうちに疲労と眠気が出てきたため、ホテルに戻ってひと眠りすることにした。ところが、ガムラスタンの迷路のような小路を抜けて海岸に出た途端、こんな景色が目に飛び込んできた。セーデルマルム島の街灯りである。時刻は午前5時。こんな時間に煌々と明かりがついているあのビルはいったい何なんだ? 実は昨夕の散策時にも何となく気になって撮ったビル(STOKHOLM #05 の下から3番目の写真)なのだが、何らかの政府機関だろうか?



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
いずれにせよ、この景色は撮らずにはおられまい? そうこうするうちに東の空が徐々に明るんできた。夜明けが近づいている。基本的に風景写真野郎の自分としては、ここはひとつ頑張って日の出まで撮り続けなければならないのではないか?



FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
しかし今日予定している過密スケジュールを思うと、やはり今のうちにちょっと休んでおきたいような.....



FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
助手に「疲れたかい? ホテルでひと休みしたいかい?」と訊くと、「いえ、全然♪」と笑っている。やむを得ず撮り続けることに決定.....