旅の途中

STOCKHOLM #16 戦艦ヴァーサ号 


LEICA M9-P / UWH 12mm F5.6
戦艦ヴァーサ号は、1618年に勃発したドイツ三十年戦争に参戦するため、海洋強国スウェーデンが国家の威信をかけて建造した超巨大木造戦艦である。ところが、1628年に処女航海に出た直後に大風に見舞われ、ストックホルム港内で沈没してしまった。1961年に引き上げプロジェクトが発動するまで実に333年間も海中に没していたが、全体の98%が奇跡的に原型を留めていたという途方もない船である。私は今4階フロアからこれを撮っているが、UWH 12mm をもってしても全く写し切れるものではなかった。南無三!!