旅の途中

STOCKHOLM #19 


FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
市庁舎の塔から降りて来て、近くの船着き場でひと休みしていると、プリンス・カール・フィリップ号?がやってきました。昨年、超ナイスバディの美人モデルと結婚して話題になったカール・フィリップ王子のお名前を冠した船のようです。乗船すると、ロビー正面の壁に軍服で正装したカール・フィリップ海軍少佐の写真が飾ってありました。惜しくも撮り忘れてしまいましたが、こんな感じの写真でした。王子様である上にこんなにハンサムだなんて反則ですね(^^;



FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
船内のレストランでワインをやりながら、ストックホルム郊外の世界遺産「ドロットニングホルム宮殿」に向かいます。小1時間の船旅です。



FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R
このご夫妻?は宮殿に到着しても下船しませんでした。どうやらフルコースの料理と美しい景色を楽しむのが目的だったようです。ぼくは写真を撮るフリをしながらチラチラ様子を伺っていたのですが、実に気品のあるお二人で、自分たちもあんなふうに齢を取りたいもんだなぁと感じ入った次第でした。



LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
宮殿に着いたときはどんよりした雲に覆われて、ちょっと寒々しい感じでした。船首にペイントされた1901年というのは第1回ノーベル賞授賞式が行われた年ですね。