旅の途中

STOCKHOLM #22 


LEICA M9-P / SUMMILUX-M 35mm ASPH
そろそろ引き上げようと思っていたところへ、向こうからもつれるように歩いてきたカップルが、わざわざ小生の目の前で抱き合い始めました。これはまた一体どうしたことでしょう。もしや写真に撮ってほしいとか? それとも愛情と幸せのお裾分けをしてくれるつもり? いずれにせよ、スナップシューターならばこれは願ってもないシーンですが、基本的に風景写真野郎の自分は、こんな刹那的な状況であってもまずは構図を整えなければ気が済まず、なおかつピントはご丁寧にも保育園に合わせてしまうわけです。どうしようもありませんね(笑)