旅の途中

Sacraさんのタンバール #5 


Leica M9-P / Thambar 9㎝ F2.2



Leica M9-P / Thambar 9㎝ F2.2
何を撮っても楽しいレンズです。どうしてこんなに楽しいのだろうと考えてみると、それはピントリングのトルク感が本当に素晴らしくて、ピントを合わせる操作そのものが今までに経験したことのない快感をもたらしてくれているのだと気づきました。例えて云うならば、それはカメラのシャッターフィーリングであったり、車のハンドルの接地感であったり、名器の音色であったり、そうしたカタログスペックには出てこない感覚的なものなのですが、そういうところにこそ物事の真髄が隠されているように思います。Apo-Summicron 75mm F2 を使っているときはピント合わせが苦痛で苦痛で仕方なく、ピントの歩留りも非常に悪くて、中望遠はもうAFに頼らなければ駄目だ~と観念していたのですが、まさか 90mm で苦もなくピントを合わせらるなんて想像もできませんでした。それも吸い付くようにピント面が浮き出てくるのですから、もうたまりません。Sacraさん、素晴らしいレンズをお貸しくださって本当にありがとうございました。感謝してます。